« バンコクの中級ホテルに泊まる | トップページ | 残酷な機械 »

2007年9月16日 (日)

ポイペト

バンコク某日。
タイにビザなしでいられるのは、日本人なら30日間。
いろいろな理由で、もっと長くタイにいたいビザ免除国
の外国人
がここにやってくる。
むかしは、パスポートだけがペナン島やらに
行ってくるシステム
もあったと聞く^^;
もちろん、違法

陸路での国境越えにこだわるぼくは、
あるとき、バンコクからバスに乗った。
たぶん、バンコクから一番近い国境が、
カンボジアとの国境だと思う。
地図をみるとわかるのだが、カンボジアの北部国境の半分は、
タイと接している。
タイの国に下から、もぐりこむような感じで
カンボジアの西半分は存在しているのだ。
じっさい、バスで4時間も乗ると、
国境の街、アランヤプラテートにつく。
朝早くバンコクを出ると、昼にはついてる感じだ。

タイでは何度も、国境に向かうバスに乗った。
そのときに必ず、国境の県に入る県境で、検問が行われる。
怪しいやつの出入りをチェックするんだろう。
島国に暮らすぼくたちには、わかりにくいのだが、
すべての国境線を監視することは、はなからあきらめて、
要所要所をチェックするというやり方のようだ。
ぼくのように明らかな外国人でも、
ちゃんとパスポートをチェックされるときがある。

なんとかアランヤプラテートのバスターミナルにたどり着くと、
国境までバイタクかトゥクトゥクで移動する。
ビザを取らずにきたぼくは、国境につくと
まずカンボジアのビザを申請する。
たしか1000バーツ(約3000円)で、
日本で手間暇かけてとるより、安かったと思う。
まわりに強引な教え屋おやじが群がってくる。
べつに教えてもらわんでも書類くらいかけるのだけど、
まあ、せっかくだからと、親切に教えてもらうと、
教授料をせびられるのんである。

ビザを取得すると、今度はタイの出国管理事務所にいって、
判を押してもらう。
そして、今度は、カンボジアの入国事務所で入国の印を
押してもらってはれて入国となるわけだ。
日帰りだ、っていうと、ここでも100バーツ徴収された。
根拠は?っていう根性はなかったな。

ポイペトに入ると、タイとは違う世界になる。
すぐ隣り合わせなのに、舗装していない道はあるし、
こじきは集まってきてるし、
目つきの悪そうなガキはうしろからついてくるし。
たぶん、このガキのしわざだと思うけど、
背中のリュックが一部壊された。
鍵をつけていたひもを切られたのである。
なんか変に後からついてくるなー、と怪しんでいたのだけど、
そういうことだったのだ。
リュックなんか背負った外人は、
ねぎ背負った鴨くらいにしか思ってないんだろう。

それ以外の実害はなかったものの、
パスポートでも盗まれたらどうしたらいいんだろ。
陸路で国境を越える場合は、いつもそれを心配する。
国はカンボジアでも、来たのも帰るのもタイの方である。
でも、パスポートがなくてはタイに帰れない。

パスポートの再申請の可能なのは、カンボジアではプノンペン
だろうが、そんなとこは行ったことも行く予定もないんだから。

もし、県境の検問がなければ、こっそりタイの国境を越えて、
バンコクでパスポートの再申請を考えるかも知れないな。
法的には密入国になって、もちろん違法もいいとこだけど。

あと、ここには、薄汚い風景の中にすんごく違和感のある、
立派なカジノが何軒か建っている。
タイは、ばくちが(表向き)違法なので、
ばくち好きのタイの金持ち向けにそんな施設があるのんだ。
ぼくは残念ながら、そっち方面も不調法なので、
建物内の見学さえしなかった。

2時間ほどいただろうか、飽きたから帰ろうかな、ってたら、
日本で一度、あったことのあるひととばったりあってしまった

待ち合わせしたって、こんなとこで会えないぜ、って感じなんだけど、
こんなこともあるよねー、長いこと生きてると。






※カンボジア人と国境の門。こども、建物、
寝てる人は写真撮りやすいっす^^。
動物はたまに怒る
けどね^^;
143




(2005年11月24日)




鴨ネギ~
ん~腹へって来た。
なんか食べよ。トムヤムビーフンはもう無いから安心だ。
さって 何食べよかな~
写真右上 うまく建ってますね~
平等院鳳凰堂のようだ。(ぜんぜんちがうだろ)

こんばんわ~。
ある番組で、タイからカンボジアまでバス旅行してるのを見ました。
思いっきり物騒な感じで、刺されてる人とかいて、普通にTVに映ってましたよ。
ひょえ~って思いました。
んで旅人は、案の定リュック盗まれてましたね。
必死で追いかけて、パスポートはなんとか取り返してましたが。
気をつけんと、ダメですね~。

同志~、こんばんはぁ~♪
私が行ったなら鴨がネギどころか、鍋とカセットコンロまでしょってるように見えるんでしょうね~。
やっぱり当分は国内でおとなしくしてよっと・・・。

師匠~、おはようございます^^
今日は午前中は休みのはぎ妻です。
カンボジアなどは、注意していても外国人は狙われやすそうですから、
くれぐれもご用心を。(って、言ってることめちゃくちゃ!?)
私も海外でカジノに行ったことがありません。
博打はおもしろそ~って思うけど、なんか「外貨落としてやってるぞ~」って感じで、
ちょっとやる気しないのです・・・
エステも外国人向け(現地セレブ向け)のは行ったことないですね~?
だって高いじゃないですか~?
よく行くのは、韓国の一般銭湯(サウナ)での垢すり&簡易エステ。
1000円ぐらいでやってくれるんだもん^^;
でも、おばちゃんのマッサージが激痛なのがたまにきず(--;

2005年11月24日 19時49分 by ぷんぷい
にしむら隊長、おいでやす^^
>鴨ネギ~
>ん~腹へって来た。
>なんか食べよ。トムヤムビーフンはもう無いから安心だ。
>さって 何食べよかな~
隊長はスマートでうらやましいっす。
あっしは食べたら、食べただけ太るでやんす^^;
>写真右上 うまく建ってますね~
>平等院鳳凰堂のようだ。(ぜんぜんちがうだろ)
ちょっとはりぼてっぽいですけど、ちゃんと石作りだと思いやす。
最近話題のあのひとも、ここだったら、何作っても、OKだったのにねー^^;

マナオさん、おいでやす^^
>ある番組で、タイからカンボジアまでバス旅行してるのを見ました。
>思いっきり物騒な感じで、刺されてる人とかいて、普通にTVに映ってましたよ。
>ひょえ~って思いました。
>んで旅人は、案の定リュック盗まれてましたね。
>必死で追いかけて、パスポートはなんとか取り返してましたが。
あっしもひょえーっす^^;
年末、プノンペンに行く予定なんすが、まったくひょえーっすね。
ま、みんながみんな、刺されるわけでもないっしょー(^^
タイからは飛行機だし。
>気をつけんと、ダメですね~。
気ぃつけます~(^^ゞ

同志ともちん、おいでやす^^
>私が行ったなら鴨がネギどころか、鍋とカセットコンロまでしょってるように見えるんでしょうね~。
>やっぱり当分は国内でおとなしくしてよっと・・・。
同志、タイは安全っすよー^^
あっし、バンコクは夜歩いてもでんでん平気っす。
そのへんから、はじめてくださいな^^

はぎ妻さん、おいでやす^^
>今日は午前中は休みのはぎ妻です。
たまにはゆくーりいいっすねー^^
>カンボジアなどは、注意していても外国人は狙われやすそうですから、
>くれぐれもご用心を。(って、言ってることめちゃくちゃ!?)
ありがとさんっす。気ぃつけて行ってきやす^^
>私も海外でカジノに行ったことがありません。
>博打はおもしろそ~って思うけど、なんか「外貨落としてやってるぞ~」って感じで、
>ちょっとやる気しないのです・・・
あっしはなんでもはまる性格なんで、しないようにしてやす。
君子、危うきにってやつっす。
>エステも外国人向け(現地セレブ向け)のは行ったことないですね~?
>だって高いじゃないですか~?
>よく行くのは、韓国の一般銭湯(サウナ)での垢すり&簡易エステ。
>1000円ぐらいでやってくれるんだもん^^;
>でも、おばちゃんのマッサージが激痛なのがたまにきず(--;
前カノは海外では必ずエステしてましたねー^^
気分いいらしいっすよ。
日本よりは安いっていってましたねー。

私も、海外ではエステかマッサージします。
至福です。
日本ではできない贅沢をするっていうのも、海外旅行の楽しみの一つです。
私は、またタイでマッサージをうけたいです。あれはしゃーわせーですねえ。
私の父は、タイのアユタヤを見学してる間、バスにのせてた荷物が切られました。
ちゃんとしたツアーだったのに、、、たぶんバスの運ちゃんもグルだと思います。
貴重品も入れてないし、鍵もかけてなかったのに、、、かばんだけが大損害でした!

ヒラリーさん、おいでやす^^
>私も、海外ではエステかマッサージします。
>至福です。
よくぞおんなに生まれけり、ってやつっすね^^
>日本ではできない贅沢をするっていうのも、海外旅行の楽しみの一つです。
>私は、またタイでマッサージをうけたいです。あれはしゃーわせーですねえ。
タイは以前にいってるんですよねー。
ぜひまた、どーぞ^^
>私の父は、タイのアユタヤを見学してる間、バスにのせてた荷物が切られました。
>ちゃんとしたツアーだったのに、、、たぶんバスの運ちゃんもグルだと思います。
>貴重品も入れてないし、鍵もかけてなかったのに、、、かばんだけが大損害でした!
そりゃ災難でしたね。
あっしもアユタヤではいろいろあったっす^^;
懲りずにまたお越しください(^^

« バンコクの中級ホテルに泊まる | トップページ | 残酷な機械 »