« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月 2日 (月)

砂糖入りのお茶

バンコク某日。
ヒロシ、ってスナック菓子さえ売っていた

今タイでは空前のお茶ブームだ。
たぶん、日本ブームの延長線上にあるんだろう。
今まで、タイには清涼飲料水としてのお茶というモノはなかった
正確にはあるにはあったが、ポッカかなにかのシンガポール産の
お茶のペットボトルで、値段もえらく高かった。
たしか日本並みの値段に近かったと思う。

ところが、最近日本食レストランが増え、
タイ人にも日本のお茶になじみができたせいか、
雨後の竹の子のようにお茶が新発売されている。
500mlのペットボトルでだいたい20B(60円)前後。
コーラより少し高い位だろうか。

しかし、日本のペットボトルのお茶と少し違う点もある。
その多くが加糖飲料、すなわち、砂糖入りなのである。

げ、っと思う人も多いかも知れない。
でも、日本人でも紅茶には砂糖を入れる人の方が、
多数派ではないだろうか。
少なくとも、ぼくが子どもの頃は、紅茶と言えば、
砂糖とレモン
は必ずついてきたもんだ。
紅茶も緑茶もウーロン茶も本来同じお茶なのだから、
砂糖を入れるのはべつにおかしくないと思うし、
タイの気候にはその方があってるのではないか、と思うのだが。

でも、その国の経済レベルがあがり、
一人あたりのカロリー摂取量が高まってくると、
甘いものをあまり摂取しないように考える者が増えるのか、
最近では、台湾でも無糖のお茶がはばをきかせ始めているようだ。

ぼくがはじめて台湾に行った10年近く前は、
缶のウーロン茶にもちゃんと砂糖が入っていたのに、
この間行ったときは、表示をみずに買うと、
無糖のものに当たる方が多かった。

今、まだタイでは砂糖入りのお茶が市場のたいはんを
占めているものの、そのうち、日本や台湾のように、
砂糖が入ってない方が普通になるときが来るんだろう。

ぼくは甘党だし、熱帯ではあんまいお茶が飲みたいわー、
って思うのだが、
これって、危ない兆候ですか(^^?


126








※携帯電話ショップのねーちゃんが食べかけてるところを
強引に撮らせてもらった、スナックひろし。
スナックっていっても、飲み屋のスナックじゃなかとです。。。
(2005年11月2日)


こんばんわ~。
甘いお茶・・・グリンティーと思えばいいのかな?
お茶が売ってるのはよく見かけますが、砂糖入りが多いと聞いていたので敬遠してました。
いつもシンハーの水。
タイ人の甘い物好きは筋金入りですよね~。
アイスミルクティ頼んだら、シロップだばだばに入れられた。
歯茎が痙攣する甘さ・・・。ひょえ~
ひろし・・・パッケージは全然ひろしっぽくないな~。
あぎご(あきこのつもり?)シリーズはよく見ますが、これはお初です。

こんばんは~☆
なんですか、このひろしって・・・。
これも甘いんですか??
色を見る限り、ものすごく甘そうですが・・・。
キャラメルコーンより数倍甘そう。
タイ料理はあんなに辛いのに、
甘いものはとことん甘いんですね、タイって。
それも知りませんでした(^^;

2005年11月02日 09時02分 by みなっきー
おはようございます♪
ハリケンイエロー、懐かしい(^^)今はタイで頑張ってるんですね!
ちゃんとライオンさんが入ってる(間違えていない)ところが、
なかなかツボを突いていますね~
しかし、ヒロシはどこからきた名前だろうか。。。
あと、スナック観たときの印象ですが、カレー味ではないですよね?(笑)

2005年11月02日 18時40分 by ぷんぷい
マナオさん、おいでやす^^
>お茶が売ってるのはよく見かけますが、砂糖入りが多いと聞いていたので敬遠してました。
ビンゴ^^;砂糖入りがたいはんです。
でも、それこそがタイの飲料水の真髄なんっすけど。。。
>いつもシンハーの水。
あっしはつい1バーツ安い、ほかのメーカーのんを選んじゃいますねー^^;
>タイ人の甘い物好きは筋金入りですよね~。
>アイスミルクティ頼んだら、シロップだばだばに入れられた。
>歯茎が痙攣する甘さ・・・。ひょえ~
それこそがタイの飲み物の真髄・・・、あれ最近、頭の針がよくとぶな~^^;
壊れかかってるのかー、あっし(-_-;)
>ひろし・・・パッケージは全然ひろしっぽくないな~。
詳しくはミナッキーさんの解説を参照ください^^
>あぎご(あきこのつもり?)シリーズはよく見ますが、これはお初です。
あぎごは食べたことないっすけど、タイでブレイクしましたよねー^^;
そのうち写真を乗っけるでやんす^^

りょうさん、おいでやす^^
>なんですか、このひろしって・・・。
よくわからんとです。
>これも甘いんですか??
おねーさんに写真撮らせて、は言えたけど、
一個くれ、はいえなかったとです。
>色を見る限り、ものすごく甘そうですが・・・。キャラメルコーンより数倍甘そう。
タイの場合、甘いか辛いかすっぱいか、くってみないとわからんとです。
>タイ料理はあんなに辛いのに、
>甘いものはとことん甘いんですね、タイって。
>それも知りませんでした(^^;
ひろしです、ひろしです、ひろしです。。。

みなっきーさん、おいでやす^^
>ハリケンイエロー、懐かしい(^^)今はタイで頑張ってるんですね!
>ちゃんとライオンさんが入ってる(間違えていない)ところが、
なかなかツボを突いていますね~
この謎のキャラクターを一瞬して理解&解説、あいかわらず凄腕ですね(^^♪
>しかし、ヒロシはどこからきた名前だろうか。。。
みなっきーさんがわからないとなると、タイのテレビ局か、
お菓子屋が適当につけた可能性が高いっすね^^;
>あと、スナック観たときの印象ですが、カレー味ではないですよね?(笑)
たしかほかの色もあったような。。。
タイのカレーは、黄色とは限りません、っていうか、黄色じゃない方が普通っていうか^^;
アオ唐辛子色とアカ唐辛子色が多いっす(^^♪

師匠、こんばんわあ~
まだ7時台やのに酔っぱらってます~
>これって、危ない兆候ですか(^^?
ハイ、トーニョービョーの危険性大です。
どれほど危険か、今はコメントしませんが、今度じっくり膝付き合わせて語り合いましょう。

はぎちゃんさん、おいでやす^^
>まだ7時台やのに酔っぱらってます~
おお、あいかわらずハードパンチャーっすねー^^
>>これって、危ない兆候ですか(^^?
>ハイ、トーニョービョーの危険性大です。
>どれほど危険か、今はコメントしませんが、今度じっくり膝付き合わせて語り合いましょう。
ひぇー、やっぱりそーかー、こぇーっす^^;
それにしても、サロンケバヤプレイから、トーニュービョーまで、
はぎちゃんさん、なんでも語れるんすねー。
まいりやした^^

マナオさんとソムさんの予定が見たい人は直接本人に訊いてねー♡
BY
ぷんぷい

師匠~!
ごめんなさい、非公開にするの忘れた~ひ~!
ゆるして~!

2005年11月02日 22時53分 by にしむら
じろ~~~っと。
実は僕もチェック入れんと 送信おしたよ。
でも、マウス押し続けて 見事に危機を脱しました。
やばかった~
あら~ マナオさんたら・・・「ひ~」だなんて・・・
乙女なのに(激爆)


2007年4月 5日 (木)

ぜいたくな悩み

127





バンコク某日。
ぼくは今、日々悩んでいる。
どうせぼくの悩みだから、くだんないことなんだが、
新しく出る、WILLCOMのPHSの機種変更に関することだ。

以前から書いているのんで、詳しくはかかないが、
ながらく、この会社は、打ち捨てられていた。
しかし、ついに逆襲がはじまった。
5月に画期的なサービスを開始したのに続き、
まもなくぞくぞくと新機種を出すのんだ。
ほとんど選ぶ余地がない状態だったのに、急展開なのである。

ぼくが欲しかったのんは、京セラのいわゆる、京ポンの後継機、
ちまたでは、京ポン2と言われるものだ。
WILLCOMの信者のあいだでは、京ポンに対する思い入れが強い。
これがあったために、今まで我慢してこれたのだ

対抗馬になるサンヨーは、残念ながら、
エアエッジホンというカテゴリーに含まれる製品は出さなかった。
ぼくたち、信者がずっと待っていたにもかかわらず。

だから、新製品が11月にでたら、
ぼくは今回はサンヨーを選ばずに、
京セラにしようとほぼ決めていた。
めでたしめでたし、っていうわけだ。

ところが、である。

とどまるところを知らない勢いのWILLCOMは、
とんでもない隠しだまを同時期に放ってきた。
日本初の、ウィンドウズモバイル(むかしのウィンドウズCE)で動く、
スマートフォン(コンピュータ機能をもった携帯電話)である。
しかも、ザウルスシリーズを出していた、シャープからの発売なのだ。
ぼくは、ここ数年、紙の手帳ではなく、PDAを愛用 している。

将来、携帯電話とPDAがいっしょになるだろうことは理解していた。
しかし、こんなに早く、しかも、愛してやまないWILLCOMからでる
とは思っていなかった。

どうしよう、と思う。

PDA市場は正直、日本では打ちすれられつつある。
世界的にも、落ち目だ。
この状況を打破するための最後の切り札
スマートフォン市場なのである。
ぼくが買ってやらねば、誰が買うというのだ。

だが、このシャープの電話は、カテゴリー的にはスマートフォン、
なのだが、でんでんスマートでない
PDAそのまんまの四角い形で、まるで、妖怪のヌリカベなのだ。
このでかいのんをもって、電話する姿は、ちょっとなー^^;
ヌリカベがヌリカベもってるって言われそうだし。。。

信者としても、躊躇してしまう。
あと、しばらく、考えてみよう(^^
(2005年11月3日)




こんばんわ~。
コレ、どっかのブログでも悩んでる人いましたよ~。
その信者のあいだでは、結構話題になってるようですね。
お気に召されたのなら、手に入れるしかないでしょ~!
ぬりかべだろうが何だろうが、便利に勝るものはなし。
コンピューター機能を持った電話・・・スゴイな~。
時代は益々スタートレックに近付いてるな~。
(ある意味、現代のほうが進んでるかな・・・)

2005年11月03日 01時39分 by にしむら
ほ~ ほんまに すごいPHSで~
横に シャキ~~ンっと キーボードがでるんですか?
でも、つまようじで ボタン押さなあかんのんちゃうん。
そんな小さないっか(笑)
うちの記事に登場した 叔母も ウィルコムにかえた言うてました。
はやってるんやてね~
ほんまにドンドン未来映画のようになってきますね~
長生きしよっと。

ぷんぷい師匠、おはようございます♪
これを期にwillcomの地位がぐっと上がってくれることを願います。
今までいろいろ虐げられてきましたからね~われわれは・・・(TT)
昔、私はザウルスのかわいいヤツ版(名前忘れた^^;)を持っていたんだけど、
いつのまにか紙の手帳に戻ってます。
このスマートフォンは魅力的ですが、
お値段など考えると私にはちょっと贅沢すぎますね?
とにかく私は、今のケータイ機種から少しでも新しくなればいいや~って
考えてるはぎ妻でした~^^

おはようございま~す。
すごいな~。これが電話ですかぁ??
ほぉ~、近未来型ですね~。
さすがに携帯にこんなんはないですよね~。
ぷんぷいさん、是非買って見せてください(笑)
自分も悩んでるのに、人には勧める私(獏)

マナオさん、おいでやす^^
>コレ、どっかのブログでも悩んでる人いましたよ~。
>その信者のあいだでは、結構話題になってるようですね。
即決できない、悩ましい存在なんすよー。
>お気に召されたのなら、手に入れるしかないでしょ~!
>ぬりかべだろうが何だろうが、便利に勝るものはなし。
ただ、不便な面もありやして、WEB中に着信しても、話中になっちゃうですよー。
京ポン2なら、WEB中着信が可能なんすよー。
悩みが深いっす^^;
>コンピューター機能を持った電話・・・スゴイな~。
>時代は益々スタートレックに近付いてるな~。(ある意味、現代のほうが進んでるかな・・・)
むかし2チャンに、こんなエンタープライズはいやだ、ってスレッドがたってて、
船のコンピュータが、ウィンドウズで、フリーズすると、再起動するまで使えない、
っていうネタがあったのを思い出しやした^^;

にしむら隊長、おいでやす^^
>ほ~ ほんまに すごいPHSで~
>横に シャキ~~ンっと キーボードがでるんですか?
そーです。シャキ~~ンす♡
>でも、つまようじで ボタン押さなあかんのんちゃうん。
>そんな小さないっか(笑)
PDAでその行為は、一般的にオールリセットっす。
出荷状態にもどりやす・゚・(ノД`)・゚・。
>うちの記事に登場した 叔母も ウィルコムにかえた言うてました。
>はやってるんやてね~
ウィルコムに変更する理由は、いくつかあります。
1.音がいい
2.健康にいい(電波が弱い)
3.よくかけるあいてがウィルコム(音声定額料金契約)だと、通話料がただ。
だから、あっしが同志ともちんやはぎちゃん夫妻に電話してもただっす)
4.電話でよくネットをみる(定額2100円っす)
>ほんまにドンドン未来映画のようになってきますね~長生きしよっと。
ほんまにいいもんがいろいろでてきやすねー♡

はぎ妻さん、おいでやす^^
>これを期にwillcomの地位がぐっと上がってくれることを願います。
>今までいろいろ虐げられてきましたからね~われわれは・・・(TT)
まさに迫害という言葉がぴったりでやんした^^;
>昔、私はザウルスのかわいいヤツ版(名前忘れた^^;)を持っていたんだけど、
>いつのまにか紙の手帳に戻ってます。
どっちがいいかは一概にいえませんからねー^^;
あっしは仕事の予定を書き直すのがいやで、
PCから転送できるPDAに変えましたけんど(^^♪
>このスマートフォンは魅力的ですが、お値段など考えると私にはちょっと贅沢すぎますね?
あっしもそれを考えるとねー。
たしか5万弱だったっすよねー。今のPDAが壊れてからでも、
って思わないでもないっすよー。
>とにかく私は、今のケータイ機種から少しでも新しくなればいいや~
>って考えてるはぎ妻でした~^^
機種変したら、みせてくださいねー(^^♪

りょうさん、おいでやす^^
>すごいな~。これが電話ですかぁ??ほぉ~、近未来型ですね~。
>さすがに携帯にこんなんはないですよね~。
>
ぷんぷいさん、是非買って見せてください(笑)
>自分も悩んでるのに、人には勧める私(獏)
じつはこれにはMP3で保存した音楽を着信音に設定できるという技がありやして、
実は着うたいらずの端末らしいすよ(^^♪

師匠、こんばんわあ~
人生のハードパンチャー、はぎです。
すでにうちの嫁はんが登場してるのに僕が出てきたのは、
↑が言いたかっただけなんです。
人生のハードパンチャー、ええキャッチフレーズやなあ~
さすが師匠の命名、ありがとうございます。
あ~、PHS?
好きなんにしはったら?

2005年11月03日 21時31分 by シモーヌ
[岩蔭|](エ) ̄)
(・・・・電話ですか??すごいですね ヒソヒソ・・・)

人生のハードパンチャー、はぎちゃんさん、おいでやす^^
>すでにうちの嫁はんが登場してるのに僕が出てきたのは、
>↑が言いたかっただけなんです。
ご足労、いたみいります^^
>人生のハードパンチャー、ええキャッチフレーズやなあ~
>さすが師匠の命名、ありがとうございます。
命名なんて、おこがましい^^;
自然に出てきたもんですから、随意にお使いください^^
>あ~、PHS?
>好きなんにしはったら?
でた~、さっそくのハードパンチ^^;

シモーヌが帰ってきたわ~・゚・(ノД`)・゚・。
>[岩蔭|](エ) ̄)
でも、まだ岩陰からみてる段階だわー・゚・(ノД`)・゚・。
>(・・・・電話ですか??すごいですね ヒソヒソ・・・)
しかも、丸カッコつきだわー・゚・(ノД`)・゚・。
テレパシー?

はじめまして☆
この性能で販売予定価格5万円は、安いと感じてしまいますよね^^;
ただほとんどPDAと変わらないので、OSがlinuxでないことに不満・不安を感じる
ユーザーも多いのではないかと思ってしまいます。
windowsもtronと提携したり、そこからどんな逆襲を仕掛けてくるのか、
ユーザーとしてはむしろ楽しみなところですね^^
私がもっと驚いたのは、こんなニュースです!!
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2005/10/27/
zaq(j:com)ユーザーとしては、非常に気になるところですね☆

わけいさん、はじめまして、おいでやす^^
>この性能で販売予定価格5万円は、安いと感じてしまいますよね^^;
そうなんすよねー^^
新規に京ポン2を買っても、2万円以上はしそうなんで、差額は3万円ですもんねー^^;
>ただほとんどPDAと変わらないので、OSがlinuxでないことに不満・不安を感じる
>ユーザーも多いのではないかと思ってしまいます。
ただ、あっしはザウリスト(っていうの?)ではなくて、今でも、
CEのジェニオを使ってるので、その点はOKなんすが。。
>windowsもtronと提携したり、そこからどんな逆襲を仕掛けてくるのか、
>ユーザーとしてはむしろ楽しみなところですね^^
ビルおじさん、貪欲っすからねー^^
>私がもっと驚いたのは、こんなニュースです!!
>http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2005/10/27/
>zaq(j:com)ユーザーとしては、非常に気になるところですね☆
たぶん、販売チャンネルの多様化、ってことだと思うんすけど、
加入者が増えれば、信者としてはうれしいっすね(^^♪

2005年11月04日 08時12分 by みなっきー
おはようございます♪
私もこの機種ネットで観て、気になってたんですよ。
私は携帯が、DocomoのプレミニⅡで、
PDAは、キーボードが付いてないと使いづらいので、ザウルス-C760を使ってます。
前々から、一緒になったのがあればなぁと思ってたので、まさにピッタリの
品物なんですが、キーボードが付いてるって事は、ザウルス並みの大きさがあるんでしょうね。
毎日身につけるとなると、大きさがネックかも(^^;

みなっきーさん、おいでやす^^
>私もこの機種ネットで観て、気になってたんですよ。
>私は携帯が、DocomoのプレミニⅡで、
>PDAは、キーボードが付いてないと使いづらいので、ザウルス-C760を使ってます。
なんとプレミニ使いさんでしたか^^
かなり好きものの匂いが^^;
しかも、ザウルスまで。
けっこうPDA使ってるひといるんすねー(^^
>前々から、一緒になったのがあればなぁと思ってたので、まさにピッタリの
>品物なんですが、キーボードが付いてるって事は、ザウルス並みの大きさがあるんでしょうね。
かなり巨大らしいっすねー。220グラムとか。
>毎日身につけるとなると、大きさがネックかも(^^;
落として壊すと、修理が自前っていうのがかなりネックなんすよ^^;


2007年4月17日 (火)

村上春樹の冗談 ~ファミリー・アフェアより

バンコク某日。
「また近いうちに誘っていいかな?」と僕は訊いた。
デートに?それともホテルに?」
「両方」と僕は明るく言った。
「そういうのは、ほら、表裏一体なんだ。
歯ブラシと歯磨きみたいに
(村上春樹「ファミリー・アフェア」より)

村上春樹は、とてもすきな作家だ。
たぶん、小説はほとんど読んでると思う。
正直、カフカ以降の作品はあまり好きではないものの、
たびのおともには、過去のかれの作品を連れて行くことが多い。

「駄目だな。妹と住んでるからね。とりきめがしてあるんだ。
僕は女を入れない。妹は男を入れない。」
「本当に妹さんなの?」
「本当さ。この次、住民票の写しを持ってくるよ。」
(同より)

いろんな理由で、たくさんのひとがかれの作品を読む。
ぼくが、かれの作品を読むのは、
ストーリー展開が好きなせいもあるけれど、
作中にあらわれる、かれの冗談のセンスが好きなのだ。

それから、妹は僕にそのコンピュータ・エンジニアの写真を
見せてくれた。
(中略)
カジキマグロの前に妹とそのコンピュータ・エンジニアが
並んでにっこりと笑っていた。
立派なカジキマグロだ」と僕は言った。
「冗談言わないでよ」と妹はいった。「私本気なのよ」
(同より)

関西の人間がすべて吉本興行的な笑いが好きだと、
よその地方のひとは思っているかもしれないが、
ぼくはかならずしもそうではないと思う。

妹はまた僕の足を蹴とばしたが、コンピュータ技師の方は
その動作の意味にまるで気づいていないようだった。
たぶん、二進法の冗談というのはまだ開発されていないのだろう。
「とても仲が良さそうで僕にはうらやましいですよ」と彼は言った。
嬉しいことがあるとお互いの足を蹴りあうんだ」と僕は言った。
(同より)

ぼくも、ある年齢から吉本興行的な笑いは
あまり積極的に受容しなくなった。
性格がひねくれてきたせいかもしれないし、
歳をとったせいかも知れない。
しかし、子供のころからたたきこまれた、
吉本魂
からはそう簡単に逃れられるものではない。
なんかミスをすると、ついチゴイネルワイゼンをかけて、
大阪のかみさま
に謝ってしまう。

「冗談だよ」と僕も言った。「家事を分担してるんだ。
彼女が洗濯をして、僕が冗談を言う」
(同より)

村上春樹のおかしさは、あんまりどうどうとではないけれど、
作品の随所にちりばめられてる。

「よくないわよ。あなたずっと彼に会ってないでしょ?(中略)
あなたの妹の婚約者なのよ。(中略)」
(中略)
「お願い、一日でいいからつきあってよ。そうしてくれれば
夏が終わるまであなたの性生活の邪魔はしないから」
と妹は言った。
僕の性生活なんてすごくささやかなものだよ」と僕は言った。
夏を越せないかもしれないくらいさ」
(同より)

でも、と思う。
村上春樹だって、根は神戸出身の関西人だ。
きっとどっか意識の奥底に、逃れられない宿命のようなもの
を持ってるに違いないと思うのだが、どうだろう。

「お兄さんはまだ結婚するつもりはないんですか?」(中略)
「チャンスがなくてね」と僕はフライド・ポテトを口に入れながら言った。
幼い妹の面倒も見なくちゃならなかったし、長い戦争もあったし
(同より)



128





2進法の笑いといえば、
このひとアンドロイドのデータ少佐。
なかなか冗談が受けないのを悩んでいるとき、
間(タイミング)が悪いんじゃないの?
って言ったバーのマダム、ガイナンに対して、
タイミングはデジタルだ、
って言って人生(?)初の馬鹿受けをする。
(2005年11月4日)



コメント

2005年11月04日 02時02分 by ともちん
初めて読んだ村上春樹の作品が「村上朝日堂」という邪道な出会いですが、
それでも「ノルウェイの森」で涙した純な頃もあった私です。
ファミリー・アフェア、懐かしいですね~。
どんなにおしゃれな文章の中にも冗談を入れずにいられないのは
関西人の性でしょうね。
「乙女のカリスマ」とよばれる嶽本野ばら(「下妻物語」の作者ね)のにしても、
よくよく読めば随所に冗談満載なんですもの~♪

こんにちは~。
村上春樹といえば、やっぱり「ノルウェイの森」ですかね。
ちょびっとしか読んでなくって、実家で眠ってます。
あまり小説を読まない(読んでも意味が理解できない)ので、
長編は私には無理だったんです・・・。
あ~、お馬鹿さんな私・・・。
唯一読めたのが村山由香作品・・・。
今はヒマな時間が山ほどあるから、何か読んでみようかな~?
でも10ページで断念しそうだな・・・。
データ少佐は、ウケない冗談を言ってるところがカワイイ・・・と思う。
メゲナイのがいい。

師匠、まいど~
>2進法の笑い う~ん、わからん。
>タイミングはデジタルだ、って言って人生(?)初の馬鹿受けをする。
え~、なんで馬鹿受けしたん?
きょうは??の日でした。おやすみなさ~い。(まだ6時か?)

2005年11月04日 19時14分 by ぷんぷい
同志ともちん、おいでやす^^
>初めて読んだ村上春樹の作品が「村上朝日堂」という邪道な出会いですが、
ほんとだー、かなりめずらしい出会いっすね(^^
>それでも「ノルウェイの森」で涙した純な頃もあった私です。
あっしは、それでもまだ笑ってましたねー。
熟年離婚では泣いてますが'`,、('∀`) '`,、
>ファミリー・アフェア、懐かしいですね~。
さすが、定吉七番シリーズを制覇したひとだけのことはありやすねー^^
>どんなにおしゃれな文章の中にも冗談を入れずにいられないのは
>関西人の性でしょうね。
ぜったいおかしいですよねー、村上春樹読んでると。
>「乙女のカリスマ」とよばれる嶽本野ばら(「下妻物語」の作者ね)のにしても、
>よくよく読めば随所に冗談満載なんですもの~♪
むかし、さんま御殿出てたひとかな?
残念ながら、読んだことはないっすね^^

2005年11月04日 19時33分 by ぷんぷい
マナオさん、ちわっす^^
>村上春樹といえば、やっぱり「ノルウェイの森」ですかね。
ほかにもいろいろ読むべき作品はありますよ^^
>ちょびっとしか読んでなくって、実家で眠ってます。
あまり小説を読まない(読んでも意味が理解できない)ので、
>長編は私には無理だったんです・・・。
読んでも意味が理解できない、って言い回しが力強いですね(^^♪
でも、書いてるものを読んでると、もと文学少女かと思ってますたよ。
>あ~、お馬鹿さんな私・・・。
>唯一読めたのが村山由香作品・・・。
村山由香さんという人は知らないっすねー。
あ~、おかばさんなあっし・・・、って誰がかばやねん、
って、めちゃめちゃ吉本やん。。。
>今はヒマな時間が山ほどあるから、何か読んでみようかな~?
>でも10ページで断念しそうだな・・・。
とっておきの方法を教えましょう。
11ページから、読んでください^^
でも、第2章から、とか、第2巻から、とかいう読み方もありっすよ^^
興味がわいてきたら、はじめに戻るでやんす。
>データ少佐は、ウケない冗談を言ってるところがカワイイ・・・と思う。
>メゲナイのがいい。
めげるという機能はプログラムされてないんだ、とかいいそうっすね^^

はぎちゃんさん、おいでやす^^
>>2進法の笑い う~ん、わからん。
>>タイミングはデジタルだ、って言って人生(?)初の馬鹿受けをする。
>え~、なんで馬鹿受けしたん?
>きょうは??の日でした。おやすみなさ~い。(まだ6時か?)
すんません、今日はハードパンチャー向きの話題じゃありませんでした。
おやすみまえに飲まなくていいんっすか~(^^♪

2005年11月04日 21時58分 by シモーヌ
写真のヒトは「山下真司」でないことは確かだ・・・
( +o☆O=(・_・O オコンバン ワンツーパーンチ!!
最後に読んだ小説は確か武者小路実篤の”友情”
意外と学生時代に読み損ねていました。
あ、花より男子が始まるので・・・分(-(-_(-_(-_-)_-)_-)-)身
・・・じゃなくてモクモク((( (-h-) )))モクモク・・・☆、。・:*:・゚`★ ドロン♪

シモーヌさん、おいでやす^^
>写真のヒトは「山下真司」でないことは確かだ・・・
や、山下清っで、でも、ないんんだな。
ば、ぼくは、データ少佐てtって、いうんだな。
>( +o☆O=(・_・O オコンバン ワンツーパーンチ!!
ひぇー、やられた~。ここで一句。
バンコク某日。 ここにもひとり ハードパンチャー なんだな。
>最後に読んだ小説は確か武者小路実篤の”友情”
おー、白樺派。あっし、けっこう好きで、たくさん読みますた。
>意外と学生時代に読み損ねていました。
>あ、花より男子が始まるので・・・分(-(-_(-_(-_-)_-)_-)-)身
すごーい。分身の術?
じゃあ、あっしは、、、独身の術。。。(-_-;)
>・・・じゃなくてモクモク((( (-h-) )))モクモク・・・☆、。・:*:・゚`★ ドロン♪
まったねー^^

ぷんぷい師匠~いつものコトですが
今日もなんか よい感じの文章ではないですか~
むらかみファンドも村上春樹も私 存じ上げませんが
師匠が一番 素敵な作家だと思います。
今度サイン下さい(ハート)

にしむら隊長、おいでやす^^
>
ぷんぷい師匠~いつものコトですが
>今日もなんか よい感じの文章ではないですか~
>むらかみファンドも村上春樹も私 存じ上げませんが
>師匠が一番 素敵な作家だと思います。
>今度サイン下さい(ハート)
隊長、いつもいつも、お褒めの言葉、ありがとうございます。
字の(ハート)もこころがこもってて、うれしいです。
ただ、ぼくがひとつ心配なのは、隊長が、斜体の字の方を読んで、
褒めてくださってるんじゃ、ないかってことです。
そっちは、村上ファンドだか、村上春樹だかが書いた方ですからね~^^;


2007年4月22日 (日)

むかしナンバシティで。

バンコク某日。
バンコクでタイ人のおねーちゃんと話していると、
まず歳を訊かれる。
答えると、つぎに奥さんとこどもは?って訊かれる。
独身だよ、って答えると、つぎは、おとこが好きなの
って訊かれる。
タイで、ぼくの年齢のおとこがひとりなのは異常な事態だからだ。
そういうとき、ぼくはおんなのひとが好きなんだけど、
おんなのひとがぼくを嫌いなんだ、って答える。
タイ人受けのよいネタだ。
むかしうるるんで、タイ人の家庭にホームスティして、
でんでん受けなかった、つぶやきシローより、
ぼくは、才能がある、って思うんだけど'`,、('∀`) '`,、

タイには、おかまちゃんがけっこう多いことは、ぼくも書いたし、
あっちこちで書かれている。
べつに興味があるわけではなくとも、
あんまりにあっちこちにいてはるので、
それを否定してはタイは語れないだろう。

でも、ほんとはタイだけではなく、
日本にもちゃんとおんなじだけいるのんに、
ぼく、あるいは、ぼくらが見てない、
あるいは、見えてないだけではないか、
っていう疑念を捨てきれない。
それはきっと日本の社会がおかまさんにとって、
暮らしにくい社会であるためだろう。

だが、タイが日本よりも意識の進んだ国である、
というわけでもないと思う。
実際問題としては、タイは徹底した個人主義の国で、
他人がなにをしようとかまわない、っていうよりは、
自分がしたことについて、他人が何を思おうとかまわない
ていうひとの度合いが日本人より、あっと的に多いっていうのが、
実のところ、おかまさんたちが普通に暮らしてることの、答え
だと思う。


むかしむかしのとある休日のことだ。
ぼくは、ナンバシティをうろうろしていた。
新星堂でCDを見た帰りだったと思う。

すんごいきれいな脚の、ピンクのミニスカートが見えた。
正直なところ、ぼくは今でこそ、羞恥心も抜け落ちたおっさんだが、
そのころは、若く、芸術を愛する青年であった。

ぼくは助平心ではなく、たしかにその造形美として脚の美しさ
に見とれた。
たぶん、ぼくが人生で見たなかで、
とびきり一番に美しい脚であった。
細くもなく、太くもなく、ひたすら筋肉に走るでもなく、
美しい脚としての存在そのものである脚

そこに美しい脚であるためにだけ存在する、そんな脚であった。

もうお判りだろう、しかし、その脚の持ち主は、
女界(にょかい)のひとではなかった


なんと、マイケル・ジョーダンもびっくりの、
スキンヘッドのおじさんだった。
ぼくは、そのおじさんと目をあわさないように、
カール・ルイススピードで逃げた。
なんせ、立ち止まってじろじろ眺めてしまったからだ。

しかし、今では間違っていたと思う。
かれは、きっと待っていたのだ。
オトコでありながら、美しい脚をもってしまったその宿命や、
それをどうやって表現していいか、わからなかった時代の苦悩
そして、ついにその脚の美しさを表現するための手段
を見つけた瞬間の歓喜

そういうすべてのことと、脚そのものへの賛辞を、
かれは待っていたに違いない。

まだ、若く、未熟なぼくには、逃げることしかできなかった。

かれの脚は、まだ美しいままであろうか。
今度あったら、ぼくは勇気を持って、かれの芸術、
を褒めたいと思うのだ。

-完-





にしむら隊長へ
要するに、「ミニスカートのおっさんを見た、ってことやな」、
てまとめるのやめてね^^;

129















※写真は、女界に属する、素敵な脚っす^^
うーん、俗人のあっしは、やっぱこっちのんがいいなー
(2005年11月5日)



こんばんは☆
たまに男の人できれいな脚を見ると悔しいです。
昔から脚はコンプレックス。
ん~、脚がきれいな人がうらやまち~。
悔しいから今度のネオタイはミニスカで行ってやる~!

こんばんわ~。
画像の人、ほんまに女界の方?カトゥーイじゃないですよね?
あ、この服は女子大生の制服かしら?
だったら女性ですね、正真正銘?の。
・・・っちゅうか、コレ隠し撮り?
ミニスカートのおっさん、せめてロン毛にしとけばいいのに~。
そしたら後姿は完璧だったんじゃないです?
男性のほうが足キレイだったりするんですよね~。
うちの父ちゃんは足キレイだった。
でも私はその遺伝子を受け継いでいない。カナシー!
余談ですが、わたくし カール・ルイス様と同じ誕生日ですの。

2005年11月05日 02時23分 by にしむら  
お~今日の文章も よい! ぐー! おけー!
やっぱり 師匠はすばらし~(ハート)
ー完ー
ときて、あーよかった。よかった。と思ったら・・・(汗)
「あ」と開いた口が 「あ」のままになっちゃいました。
予定では、その後この足をゆっくり見るはずだったのに・・・
さて、もう一度、読み返そうか(1時23分)
>でんでん受けなかった、つぶやきシローより、
>ぼくは、才能がある、って思うんだけど'`,、('∀`) '`,、
ん~僕も絶対そう思います!異議無し!です!!
師匠のとんちの効いた 間髪入れずに飛び出してくる、攻めの文章。
ボケとツッコミ。いや、ツッコんでボケる。
そんなスタイルにいったい どれだけの人が魅了し今日もあなたの記事を待っている事か・・・
いや、文章のみならず それは リアルな世界でもだ。僕は知っている。
そして、こうして旅に出かけ、小さな出来事の中に
光輝く原石を見いだし、磨きをかけさらに、深く掘り下げ、僕達に伝えてくれる。
師匠はなんと 素敵なアーティストなんだろう(ハート)

2005年11月05日 02時24分 by にしむら  
>なんと、マイケル・ジョーダンもびっくりのスキンヘッドのおじさんだった。
>ぼくは、そのおじさんと目をあわさないように、カール・ルイススピードで逃げた。
この描写も 師匠ならではのテクニックとしか言えないじゃないか!
村上春樹を超えている!
その後に 続く文章に僕は 「はっ」とした。
そうだったんだ、このおっさんは
>オトコでありながら、美しい脚をもってしまったその宿命や、
>それをどうやって表現していいか、わからなかった時代の苦悩、
>そして、ついにその脚の美しさを表現するための手段を見つけた瞬間の歓喜、
お~ シェークスピアのようだ~!(?)
僕は今 まるで 演劇をみているようだ!
この おっさんが 苦悩から解き放たれ 大空に手を広げ
神に向かい 涙をながし 大声で 喜びを噛み締め 感謝している姿が
ありありと映し出される・・・
おっさんの 心中にふれ 僕はものすごく感動し!
僕は 今 人生のすばらしさを感じている!
> まだ、若く、未熟なぼくには、逃げることしかできなかった
そうだ、これも奥の深い 所だ。
おっさんも 若い頃は きっと苦悩し 自分のおかれた立場から逃げていたにちがいない。
そして、何かをつきつけられた側の 若造にも それは 共通する。
僕達は みな 未熟さゆえに 多くの事柄から 逃げてきたにちがいない。
でも、それを乗り越えた時、全ては一変する事を師匠は僕達に伝えてくれていたんだ(涙)
あ~師匠!いつもありがとう! 人生の醍醐味ってやつをありがとう!(2時20分)
あ~これで ゆっくり 足みれるわ~(大爆)
コメント制限でました(激爆)

お邪魔します 初めまして、春♪です^^
男の人は脚…というか、足首を見ます?
私、足首太いんですよ(^^;;
ぜ~んぜん美しくない!あは…
足首が細いとナントカ…っていうじゃないですか、
あれ、ホントだと思います?

2005年11月05日 07時46分 by シモーヌ
Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪
にしむらサン大興奮どすな~(-ι- ) クックック
いや、確かに吸い込まれるように読みきりました。
オラむつかしい話はダメなんですが、これはスルスルッと熟読です。
美脚アンクルの宿命、そして彼は今いづこ・・・ (7時46分)
コメント制限はまだ出ませんが・・・(少爆)

おはようございます♪
私も、ぷんぷいさんの書く才気あふれる文章に惹かれている一人です
(ないものねだりとも言いますが。^^)
今日の脚ヲタ話(フェチ?笑)も楽しく拝見させて頂きました。
おじさんがスキンヘッドだったのは、男だぞ!って強調したかったからかな?
でも、それじゃ、ピンクのミニ履く意味ないし(笑)
まるで正反対なモノを組み合わせることによって、芸術的な何かを作り出してたんでしょうか?
おじさんの年齢になっても分からない。。。

ぷんぷい師匠、おはようございます♪
>かれは、きっと待っていたのだ。
>オトコでありながら、美しい脚をもってしまったその宿命や、
>それをどうやって表現していいか、わからなかった時代の苦悩、
>そして、ついにその脚の美しさを表現するための手段を見つけた瞬間の歓喜、
>そういうすべてのことと、脚そのものへの賛辞を、かれは待っていたに違いない。
なんか、日本近代文学のようですね~?
(足フェチの谷崎とか?)
なんか、マジこの文で「感動」しましたよ~(爆)^^;;
りょうちゃん、ネオタイにミニスカート?
焼鳥屋でも女相手に前スリットがグアッと入ってたセクシー路線だったなあ・・・
きぃ~!酒で負けても足では負けたくないぞ~!
よ~おし!私もネオタイでは負けずにミニスカートだぁ!?
(え?見たくない??だいたい私ミニスカート持ってへんし・・・(激爆))

こんにちは~♪
足のキレイな人か・・・エエなぁ~。。。
私の足はダイコンどころがカブラ並みですので、
とうていお見せできません。。。
足のキレイな人、意外と男の人の方が多いかも?
以前、会社の人から聞いたのですが、
京阪沿線に女装したおっさんが現れるそうな。
そのおっさん、結構足がキレイやって言ってましたネ~。。。
見たいような見たくないような。。。

うわ~!
ナンバだからこそ、スキンヘッドでミニスカできるんや~。
で、その人、ローマ時代に生まれりゃよかったね。
男がミニスカートで、足出して魅力を見せびらかしてた。
もちろんすね毛などは、徹底的に剃って、ローションぬって、つるんつるんにしてたよ。
カエサルも言ってるじゃないですか。
うちの兵隊は、全身の毛を剃って、香水つけてても、勇猛果敢なのだ!って。

師匠、まいどです~
今日、関大にボクシングの試合で行ってたんですが、
試合場の1階がトレーニングルームなんね。
そこで重量挙げの女の子が練習してたの。
たぶん60cm近くあるすごい太ももやねんけど、僕は美しいなあと思いました。
その美しく逞しい太ももでぼくは・・・
また今度お会いした時、じっくり膝付き合わして語りましょう。

りょうさん、おいでやす^^
>たまに男の人できれいな脚を見ると悔しいです。昔から脚はコンプレックス。
>ん~、脚がきれいな人がうらやまち~。
そーですか。若くて、素敵なオミアシをされていたような記憶があるんですが^^;
若者に謙遜は似合いませんことよー(^^♪
>悔しいから今度のネオタイはミニスカで行ってやる~!
なんか知らんけど、うれしー、、、っておっさんですみません^^;
でも、こういうのは、「眼福」っていうんですよ。
みんなに眼福を授けてあげてくださいな^^

マナオさん、おいでやす^^
>画像の人、ほんまに女界の方?カトゥーイじゃないですよね?
タイの女性に聞くと、どこを見るかというと、くびれ、だそうです。
ウェストのくびれ、はおかまさんではきれいにでないだそうで。。
ゆえにこの方は、シロ、じゃないかと♡
>あ、この服は女子大生の制服かしら?
>だったら女性ですね、正真正銘?の。
そのへんのルールがどうなってるか、あっしは知らないんでやすが、
チュラ大の文学部の男子学生は、おねー率が高いそうなんで、
今度見てきやす^^;
どっちの服をきているか。。。
ちなみに中華料理屋の制服もこんな感じのが多いっす^^
>・・・っちゅうか、コレ隠し撮り?
後ろ姿は、許可はいらない、っていうのがあっしの見解でやんす^^;
ていうか、後ろ姿撮らせてください、っていうのもちょっとね。。
>ミニスカートのおっさん、せめてロン毛にしとけばいいのに~。
>そしたら後姿は完璧だったんじゃないです?
実は、ななめ正面からみちゃいますた。
でも、たぶん、ピカード艦長がカツラをかぶらなかったように、
この方もかぶったり、ロンゲにはしないような気がします。
>男性のほうが足キレイだったりするんですよね~。
>うちの父ちゃんは足キレイだった。
まさか、あっしが見たそのひとがパパンってことは。。。^^;
>でも私はその遺伝子を受け継いでいない。カナシー!
マナオさん、これで脚まできれいだったら、どうするんですかぁ(少しパ~クワ~ン^^)
>余談ですが、わたくし カール・ルイス様と同じ誕生日ですの。
検索すると、カール・ルイス・ダイアナ王妃・明石屋さんま・田丸美寿々・大木凡人が同じ日とでますた^^

隊長、おいでやす^^
むかし、辛い話の回で、隊長に

>タイ料理以外がいいってお願いして ピザにしてもらったけど結局 
>タイ料理とかわらんピザ食べさせられたんでしょ~

という風に、きれいにまとめられて以来、あっしは、隊長以上に
きれいにまとめるべく、努力してましやした。
んで、今日は、どーだぁ、って感じで、さきにまとめたら、
すばらしい解説の逆襲を受けてしやいました。
隊長、変幻自在っすねー^^
1時間以上の力作、感じ入りますた。
あっしが将来本を出版することがありやしたら、
これは、文庫版の解説に使わせていただきやす^^
たぶん、ブログの記事をシェークスピアと比べていただいたのは、
ZAQ史上でも、あっしが最初の快挙では、と光栄に思っておりやす・゚・(ノД`)・゚・。

春♪さん、おいでやす^^
>お邪魔します 初めまして、春♪です^^
初めてなんすけど、初めてって感じがしないのが、不思議っすね^^
これも、ご人徳かと(^^♪
同志ともちんとこから、きていただいたんですね(^^
>男の人は脚…というか、足首を見ます?
>私、足首太いんですよ(^^;;
>ぜ~んぜん美しくない!あは…
春さんの美しさは、拝謁させていただいておりやすんで、ご謙遜はけっこうかと(^^ゞ
>>足首が細いとナントカ…っていうじゃないですか、
>あれ、ホントだと思います?
あっしではサンプル数が少なすぎで、役不足っす。
今度、足首バトン作って聞いてみますか~^^

シモーヌ、おいでやすですわ^^
>Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪
シモーヌが高笑い、うれしいどすわ^^
>にしむらサン大興奮どすな~(-ι- ) クックック
>いや、確かに吸い込まれるように読みきりました。
>オラむつかしい話はダメなんですが、これはスルスルッと熟読です。
シモーヌにつるって、読んでもらえるように努力するざんす(^^
>美脚アンクルの宿命、そして彼は今いづこ・・・ (7時46分)
>コメント制限はまだ出ませんが・・・(少爆)
じつは職場にむかしいたひとがたぶん同じひとを自宅そばでみたと。。
その方は、大阪市のかなり南部のひとだったのんで、
そのあたりに生息されておるのでは、っと思ってるのですが(^^

みなっきーさん、おいでやす^^
>私も、ちゃいちゃいさんの書く才気あふれる文章に惹かれている一人です
>(ないものねだりとも言いますが。^^)
ありがとうございやす^^
褒めていただくと、調子に乗りやす^^;
>今日の脚ヲタ話(フェチ?笑)も楽しく拝見させて頂きました。
>おじさんがスキンヘッドだったのは、男だぞ!って強調したかったからかな?
>でも、それじゃ、ピンクのミニ履く意味ないし(笑)
>まるで正反対なモノを組み合わせることによって、芸術的な何かを作り出してたんでしょうか?
あっしが見た感じでは、かれの美を極限まで完璧に表現するには、
ピンクのミニとスキンヘッドが必要だったのでは、と思います。
一切のムダを配した、究極の表現だったのです。
性別の違いとか、社会の規制とか、他人の目、とかそういう不純な要素は
かれの美に不必要、というか、邪魔な存在だっったんだと思うでやんす。
>おじさんの年齢になっても分からない。。。
いっぺんミニスカをはいてみれば、わかるんじゃないっすか(^^♪

はぎ妻さん、おいでやす^^
>なんか、日本近代文学のようですね~?(足フェチの谷崎とか?)
>なんか、マジこの文で「感動」しましたよ~(爆)^^;;
ありがとうございます。
でもひとに感動を与えてる大元はあっしではなく、
美脚アンクル(named by シモーヌ)っす^^;
>りょうちゃん、ネオタイにミニスカート?
>焼鳥屋でも女相手に前スリットがグアッと入ってたセクシー路線だったなあ・・・
>きぃ~!酒で負けても足では負けたくないぞ~!
>よ~おし!私もネオタイでは負けずにミニスカートだぁ!?
>(え?見たくない??だいたい私ミニスカート持ってへんし・・・(激爆))
おお、秘密の集会(嘘)ミニスカまつり、って感じになってきたぞー(^^
でも、はぎ妻さんの場合は、人生のハードパンチャーの許可を
得てからにしてくださいね(^^♪
ミニスカでハードパンチラー、ってしゃれにもなってないっすからー^^;

そむさん、おいでやす^^
>足のキレイな人か・・・エエなぁ~。。。
>私の足はダイコンどころがカブラ並みですので、
>とうていお見せできません。。。
そんな、ご謙遜を^^;
若くて、きれいなひとがあんまり謙遜するもんじゃないっすよ(^^
>足のキレイな人、意外と男の人の方が多いかも?
>以前、会社の人から聞いたのですが、
>京阪沿線に女装したおっさんが現れるそうな。
>そのおっさん、結構足がキレイやって言ってましたネ~。。。
>見たいような見たくないような。。。
ぜひとも、見に行って、レポートをしてくださいな♡

乱読おばさんさん、おいでやす^^
>うわ~!
>ナンバだからこそ、スキンヘッドでミニスカできるんや~。
さすがに風景にとけこむとこまではいってませんでしたが^^;
>で、その人、ローマ時代に生まれりゃよかったね。
>男がミニスカートで、足出して魅力を見せびらかしてた。
>もちろんすね毛などは、徹底的に剃って、ローションぬって、つるんつるんにしてたよ。
>カエサルも言ってるじゃないですか。
>うちの兵隊は、全身の毛を剃って、香水つけてても、勇猛果敢なのだ!って。
たしかに^^
でも、もっと素直におっさんじゃなくて、おねーさんに生まれてたら、
天下とってたかも~♡

はぎちゃんコーチ、おいでやす^^
>今日、関大にボクシングの試合で行ってたんですが、
>試合場の1階がトレーニングルームなんね。
今日は、ハードパンチャーらしいことしてはったんすね^^
>そこで重量挙げの女の子が練習してたの。
>たぶん60cm近くあるすごい太ももやねんけど、僕は美しいなあと思いました。
>その美しく逞しい太ももでぼくは・・・
ほんと、美しい情景っすね♡
自分を鍛える姿は、どんな種類のことでも美しいです。
>また今度お会いした時、じっくり膝付き合わして語りましょう。
これについては、ついていけそうっす^^

2005年11月06日 01時37分 by にしむら
あ~よかった、今夜もシンデレラタイムあったら
どーしよーと思ってました。
でもね、やっぱりじっくりいかんとね~
その分 いろんな発見ありましたわ。
師匠に感謝です!ほんまに(ハート)
今後もじっくりいきたいと思います(嘘)

2005年11月06日 10時08分 by シモーヌ
以下同文(ハート)

同志、こんちは~♪
前にネオタイでロングスカートで行った私ですから、
脚についてはなんにもいえないです・・・(ToT)
しかし、そのスキンヘッドの人・・・スカートはく勇気があるならいっそ女装して欲しゅうございました。
若き日に日沢田研二の女装に感動して以来、気合の入った女装は大歓迎です♪
あ、でも脚にこだわりがあっても女装は拒否とか、なんかポリシーあったのかもね~。
同志、このブログまとめてエッセイ集出しませんか?
村上朝日堂に負けてまへんで~!!!

にしむら隊長、おいでやす^^
>あ~よかった、今夜もシンデレラタイムあったら
>どーしよーと思ってました。
今日も解説文を書いてくれる予定だったんすか^^
それは惜しいことしましたねー(^^ゞ
>でもね、やっぱりじっくりいかんとね~
>その分 いろんな発見ありましたわ。
>師匠に感謝です!ほんまに(ハート)
いやいや、隊長、隊長がかあるくまとめてくれるの、好きですよー^^
今後とも、よろしくおねがいしまーす(^^♪
今後もじっくりいきたいと思います(嘘)

シモーヌ、おいでやす^^
>以下同文(ハート)
シモーヌがハートをくれたわー・゚・(ノД`)・゚・。
じゃあ、あっしも♡

同志ともちん、おいでやす^^
>前にネオタイでロングスカートで行った私ですから、脚についてはなんにもいえないです・・・(ToT)
ほんとうですかー^^じゃあ、今度しげしげ、、、見ませんよー^^;
>しかし、そのスキンヘッドの人・・・スカートはく勇気があるならいっそ女装して欲しゅうございました。
>若き日に日沢田研二の女装に感動して以来、気合の入った女装は大歓迎です♪
>あ、でも脚にこだわりがあっても女装は拒否とか、なんかポリシーあったのかもね~。
むしろ、かれはポリシーの塊だったのかも、しれませんねー^^
女装よりは、スキンヘッドの似合う顔だったっす^^;
>同志、このブログまとめてエッセイ集出しませんか?
>村上朝日堂に負けてまへんで~!!!
ありがとうございやす(^^♪
あっしも死ぬまでになんでもいいから、一冊出版したいと思ってるでやんす。
でも、まだまだ人生は長そうなんで、もう少し様子見てから^^;
自費出版するなら、隊長んとこで作りやーす。

2005年11月06日 18時23分 by にしむら
師匠こんにちわ!
おっ ホンマですか>自費出版するなら、隊長んとこで作りやーす。
製本の練習しよっとって 自分で製本する気かい!!(ポンッポンッ)
よっしゃー ほなちょっと、今日の打上げ行ってきます!
飲んだる~(勢)

隊長、ちわっす^^
>おっ ホンマですか>自費出版するなら、隊長んとこで作りやーす。
>製本の練習しよっとって 自分で製本する気かい!!(ポンッポンッ)
あっしのために製本の練習まで^^
ありがとうございます。
>よっしゃー ほなちょっと、今日の打上げ行ってきます!
>飲んだる~(勢)
打ち上げ、がんがってください(^^♪

2005年11月06日 21時37分 by シモーヌ
あ、しまった出遅れた(笑)
偶然ですけど毎回何気ににしむらサンの後にコメント入れてたんですが
今回はすっかり出遅れましたヾ(_ _。)
よーし、次は誰に続くかな~( ̄∀ ̄*)イヒヒッ
本出したら教えて下さいね、立ち読みします(笑) ウソウソ?

シモーヌ、おいでやす^^
>あ、しまった出遅れた(笑)
>偶然ですけど毎回何気ににしむらサンの後にコメント入れてたんですが
>今回はすっかり出遅れましたヾ(_ _。)
隊長は今日は飲み会で急いででかけはりやした^^
>よーし、次は誰に続くかな~( ̄∀ ̄*)イヒヒッ
>本出したら教えて下さいね、立ち読みします(笑) ウソウソ?
ありがとうございます(^^♪
でも、あっしの本はたぶんふつうの本屋にはならばす、天王寺の陸橋のうえで、
ミドリガメとカブトムシのあいだで売る予定ですので、
立ち読みではなく、すわり読みしてください'`,、('∀`) '`,、



« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »