« 街角の権(ごん)さま | トップページ | 吉牛 »

2006年10月31日 (火)

おんなの自立@たいらんど

72








バンコク某日。
1句でけた。
バンコクで 田島陽子が 高笑い
季語:バンコク  年中夏


最近、タイ人のおんなのこがやたらきれいだ
なぜだろう、って考えてみた。

こないだ、タイ人のおんなの人が一生に生む子供の数が、
少なくなっているという話を聞いた。

1960年には彼女たちは、一人当たり6人の子供を
生んでいた。
ところが、2000年代に入ってからの統計では、
一人当たり2人しか子供を生んでいないという。

つねづね、タイ人の女のひとは、人生で女である期間が短い
なー、って思ってきた。

①こども→②おんな→③つま→④はは→⑤ばば

という主な役割サイクルのなかで、②と③がメインの期間が
異常に短かったのだ。

タイの中学生とか高校生とかをみると、
日本の中高生と比べると、おぼこいな、って思う。
ところが、これまではおぼこいなって思うまもなく、
子供をはらんで、おかーさんになってしまうことが多かったのだ。

ところが、近年、②と③の期間が延びて、
その結果として、きれいなおんなのこが増えた
ような気がするのだろう。
つまり、市中にでまわるきれいなタイ人の増大の要因
のひとつとして、
個体数の増加というよりは、個体ごとの美しい期間延長
考えられるといいたいのんである。

若いタイ人の女の子と話をすると、別に結婚しなくてもいい
っていうようなことをいうこも増えたような気がする。

ついに気づいちゃったかあ、って思う。
タイの女の子も、自分のために生きる
って選択肢をみつけちゃったわけだ。

タイの男はやさしいが浮気者で、
結婚するまでは蝶よ花よと彼女の面倒をみるけど、
結婚して子供の一人もできると、
違う女の子におんなじことをはじめる

ってやつが多かったのだ。
とくに低所得層では顕著だったように思う。
その結果、子供をかかえて、一生懸命ひとりで生きていく 
④はは
 が多く発生していた。

まわりみてりゃわかるべ、
なんでレミングの大群の集団自殺みたいに
タイの女の子は、同じ過ちをずっと繰り返すんだ、
って思ってたんだよね。

ばれちゃったタイの男たちはどーすんだろ(^^
(2005年08月31日)



はじめまして~ なるほど~と楽しく拝見しました。
その他の記事も 6月分から少しづつ 読ませていただきます。
で、今はこれ現地からですか?

2005年08月31日 05時21分 by ぷんぷい
にしむらさん、はじめまして(^^
コメントありがとうございます。
過去の分を読んでくれるのんはすんごくうれしいっす。
また、気がついたことがあったら、感想なぞ教えてください(^^
それから、現地から、っていうのはよく聞かれるですが、
ふだんはちゃんとこっちで働いてますだ^^
年に3~4回、たびにでてます。
ひとりもんのおっさんなんで、自由がきくもんで(^^♪

しかし、最近は、日本では男の「賞美期限」が短いわよねえ。
なんだか、オタク青年なんか見なくても、そこらの若い男が、
20歳過ぎたら、すぐ、デバラ、無気力の中年男まっしぐらでしょう・・・。
 女が「おばはん」になるのが早かった時代が過ぎて、
男が早く「おっさん」になるなら、そらあ、結婚する女は減るでしょう?
 アジア男は「ロリコン趣味」だから、
そんな男を女は見放しはじめているんじゃないの?

2005年08月31日 19時35分 by ぷんぷい
乱読おばさんさん、こんばんわ。
「賞美期限」とはおもしろい言葉ですね。
でも、最近の日本の若い男の子は、女の子もそうですけど、
昔よりも、見た目はきれいなこが多くないっすか(^^
それから、「おばはん」な男がいたり、
「おっさん」な女性も昔より多いような気がしやす。
なかなか面白い世の中になってきたなー、
って思うんすけど(^^ゞ

はじめましてぷんぷいさん!
ぴっぐと申します。
一気に読んじゃいました。
いろんなところに行ってらっしゃるんですね。
コミカルだったりシリアスだったりバラエティ豊かなお話ばかりでドキドキ。
でもぴっぐも女の子だから、タイの女の子の話にはちょっと悲しくなってしまう・・
お気に入りは21日のタクシードライバーさんの話でしょうか、
アバウト、ぼったくりが当たり前のタクシー業界で、安きに流れるのは責められない。
そんな中、適正な料金、こころをつくすサービスができるって素晴らしいことですね。
毎日の生活、普段の仕事でもこういう人を見習いたい。
これからもいろんな出来事、UPしてくださいねっ

ぴっぐさん、はじめまして(^^
コメントありがとうさんです。
ひょっとして、全部読んでいただけたんですか(^^ゞ
なによりの褒め言葉っす・゚・(ノД`)・゚・。
ひきつづき読んでもらえるようにがんばりやす。

« 街角の権(ごん)さま | トップページ | 吉牛 »