« タイの総理大臣 | トップページ | プーケット »

2006年9月 2日 (土)

ご禁制の品

バンコク本日。

ご禁制の品というものがこの世に存在する。
大麻が合法の国があれば、アルコールが非合法の国もある。
禁制品は一律ではないし、時代によっても違う。

タイのホテルにも持ち込めない物がある。
それは、果物の王様と言われる、ドリアンだ。

ぼくはドリアンが好きだ。
南の国でゲテモノを食べるような趣向の番組がたまにあると、
いまだにドリアンを大げさにくさがってる。
そんなものを見たことも食べたこともないような人が
大半の大昔ならともかく、
いまなら、番組製作者の知性を疑ってしまう

最近は日本でも売ってるが、日本では食べない。
カルフールで売ってるのをみて、においを嗅ぐぐらいはする。
買うには高過ぎる、というのがぼくの意見だ。
同じ意見の人が多いようで、
しばらくドリアンの前で思案する人はいるが、
売れるとこをまだ見たことがない。

努力は認めよう
日本で売れるかどうかわからないものを
並べる勇気はたいしたものだ。
しかし、最安値で、1個1980円。
最高値で5980円。
変動相場制果物とでも呼ぶべき存在。
一度パックで600円というのを見たときは
よほど買おうかと思ったが、踏み切れなかった。

女房を質においてでも、
というのが昔この果物の売り文句だったが、
実際こっちではそんなに高いものではない。
スーパーでも路上でも、1パック40B(120円)とかである。

ただ、路上で買うと路上で食べねばならない。

なんせご禁制品だから。
しかし、チェックアウトの前の日なんかだと、
思い切って、ホテルに持って入ってしまう。

規則違反がばれるのはチェックアウト後って算段だ(^^
(2005年08月07日)

47

« タイの総理大臣 | トップページ | プーケット »