« なすびのボーナス | トップページ | あっぷぐれーど »

2006年7月14日 (金)

アヒルも空を飛べるかも。。。

バンコク某日。
メリー・タナバタ
今日は出会いの話でも。。。

ぼくはモンティエンホテルのロビーで人を待っていた。
このホテルは、パッポンやタニヤという
歓楽街のそばにある、4ホテルだ。
立派なホテルではあるものの、
宿泊客の何割かは、タイ人のねーちゃんを
連れ込む目的で泊まってる、
バンコク一立派な連れ込みホテルでもあった。
ぼくは、ここでで2人の女のこを待っていたのだ。

ひとりは大阪の、とある文化教室の同じクラスで
タイ語習って以来の友人、ポッキー。
彼女はその時チェンマイにいて、
気が向いたらバンコクまで来るよー、って言ってたけど、
たぶん、来ないだろ。

もうひとりは、ポッキー主催の飲み会で
1回あったことのある、女のこ、ミルキー
そこでは話したけど、あんまり知らないし、
ポッキーが来なさそうだから、
できれば来ない方がいいな、
ってぼくは思っていた。

ぼくは、当時ミルキーがなんとなく苦手だった。
美人だけど、なんとなく彼女はタカビーそうだな、
って思ってたのだ。

僕らは、3人ともがタイにいる日があるから、
当日都合がつけば、ここで会おうよ、
っていうルーズな約束をしていた。
もし会えたら、ここの北京ダックおいしいから、
いっしょに食べよう。

30分ほどたって、
そろそろひとりで飯食って帰ろーっと、
思ったたときに
ミルキーが猫背であらわれた。
ありゃりゃりゃ、来ちゃったよ。

もうたぶん来ないだろうな、っていいながら、
ぼくらは、ポッキーを待つあいだ、
モンティエンホテルのロビーのソファーで、
タイ人のねーちゃんを連れ込む
日本人のおっちゃんたちを見ていた。

さあて、二人で北京ダックっていうのもなんだから、
どっかにご飯食べに行こうか?

ぼくは、ふたりで待ってる間にミルキーが見かけによらず、
なかなかいい子であることを知った。
でも、数ヵ月後にミルキーが自分の恋人になって、
さらに3年後に捨てられることになるのは
まだ知らなかった(^^ゞ


ふたりで行こうとしたときに
来ないと思ってたポッキーがやってきた。

わざわざ飛行機に乗って、チェンマイからよく来たねー。


だって、北京ダック食べたかったんだもん。


ぼくは、アヒルは空を飛べないかもしれないけれど、
空を飛ばしたりはするんだな、
ってちょっと感心しながら思ったのだった。
(2005年07月07日)


17



これって飛行機なんですか?
普通にフライトしてるんですか?びつくりしました!
そして北京ダックは美味しかったですか?

2005年07月07日 01時40分 by ぷんぷい
まじめな人を驚かして、すみません。
ここの写真は全部自分で撮った写真なんですけど、
これだけは、どっかから拾ってきたもんなんです。
いくらなんでも、あんなものは空飛びません(~_~;)
そういやー昔、いとしのミルキーちゃんも、今度これに乗るよー、
ていったら、信じてやした。
北京ダックは美味しかったっすよ。
でも、最近はひとりで一羽食べるポッキーに
ここの半額くらいのとこに連れてってもらってます。

« なすびのボーナス | トップページ | あっぷぐれーど »