« カマラ | トップページ | シリませんでした »

2006年7月 8日 (土)

正直者の国から来た娘

バンコク某日。
日々是揉み揉み。

わっとぽーでの僕の師匠は、
タレントのなすびと鈴木雅之を足して
2で割ったような顔をしていた。

彼は外国人担当らしく、
彼についていたのは、僕以外にギリシャ人のカップル、
イスラエル人の女の子だった。

イスラエル人の女の子は、ナンシーといい、
日本で住んでたということで、日本語を話し、
大和魂というTシャツを着ていた。
ただし、シャツが日本のどこで売っているのかは聞き忘れた。

彼女は、タイの医療技術を高く評価していて、
日本の医者は腕がわるい、と断言した。
だから、実は昨日バンコクで整形手術をしたのっ、
と唐突ななことをいった。
顔がむくんでて、今日は普段よりブスなのよ。

それから、彼女は日本人は思ってることを
しゃべらないから、信じられないと、
言った。
でも、大阪人は思ったことをそのまましゃべるからいい、
とフォローも忘れなかった。

イスラエル人は、なんでも思ったことを相手にいうの?
と聞くと、彼女はもちろんよ、とまた断言した。
ぼくは、大阪人だけど、そんな正直な国に住みたくないな、
と思った。

生徒同士、マッサージの練習台になって覚えていく。
マッサージの課程の中に足の付け根を30秒押さえて、
血流を止めて、その後一気に血を流し、血行をよくする、
って技があるのだが、
ぼくは、ある時、その練習台になって不覚にも感じてしまった
しかも、マッサージをしているのは、
正直者の国から来たナンシーだった。

ちんちんが練習のじゃまになるんだけど、
っていわれたら、どうしようって思ったけど、
彼女は、だまってほほえんでいた。

そういう告発は、イスラエルでも正直っていわないんだな、
とそのとき思った。
(2005年07月04日)

14













>なすびと鈴木雅之を足して2で割ったような顔
ほんまや~(笑)がはははは~
いや~笑っちゃいかんが わらっちゃう。
素敵なお師匠さま。
ナンシーか~これも なんか えぇ~響きの名前やね~
しかし 大阪人てのは ストレートなのか?
そ~なのか?えぇ~そ~か~
ん~大阪のおばちゃんはそーかもしれへんなぁ~
うちの おかん ストレートやもんな~(爆)

2005年09月09日 00時12分 by ぷんぷい
隊長、どーも夜回りお疲れさまっす。
うちのおかんは、大阪人ではないっすが、剛球一本やりです。
それは、大阪人の特性と言うよりは、おばちゃんの特性かも。。。

« カマラ | トップページ | シリませんでした »