« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 4日 (日)

消えたおっちゃん

バンコク某日。
バンコクからの帰りの飛行機で。

その日は混んでたのか、ビジネスクラスにアップグレードされた。
ビジネスクラスはあまり混んでいず、
ぼくの横は空席で、うしろの席なんか、
3人掛けにおっちゃんがひとりだった。

ぼくは、どうしたものか飛行機で眠れない。
深夜便でせっかくのビジネスなのだが、
いつものように本を読んでいた。

消灯後座席を倒そうと、念のため、後ろを確認した。
後部座席にひとりいたおじさんはトイレなのかいなかった。

ぼくは、座席を倒し、また読書にもどった。
しばらくして後部座席をまた見たが、
おっちゃんが帰ってきた様子はなかった。

ビジネスの席は、エコノミーとは違って座席のひじ置きはあがらない。
だから、3席を使って横になっていることもないはずだ。

興味に駆られたぼくは、トイレに立って、おっちゃんの席を見た。

おっちゃんは、広いビジネス席の足元の床に寝ていた。

お金があるということは、なんでもできるということだ。
ぼくも将来自分のお金でビジネスに乗って、
あんな風に寝てやる
、と心に誓ったが、

いまだ飛行機の床に寝たことはない。
(2005年06月27日)

7





2005年07月02日 21時51分 by ちゅっちゅく
はじめまして、ちゅっちゅくと申します。
私はエコノミーでも床に寝ましたよ!
まあそれは椅子(三つ分)に子供を寝かせ、落ちても大丈夫なようにと思ってのことなんですけどね。
子供はよ~く寝てました。夫と交代だったんですがそれはそれはしんどかったです。
私もビジネス乗りた~い(泣)

2005年07月02日 23時37分 by ぷんぷい
はじめまして、ちゅっちゅくさん(^^
子連れの旅行は大変っすねー。
あっしは何度かアップグレードの経験あるんですよ。
乗ってる回数も多いんですけどねー。
そのうち、ちゃんと書くつもりなんですけど、
インボラアップグレードの一番大事な条件は、
子連れじゃないこと(笑)
失礼しましたー(^^ゞ
 

2006年6月17日 (土)

美少女だった。。。

バンコク某日。
もう一つの微笑みの国から。

ラオスのビエンチャンに昔行った。
ぼくは写真が趣味で、旅に行くとたくさんの写真を撮る。
建物や動物ばっかり撮る国もあれば、
笑顔のひとの写真の多い国もある。

今でもそうだろうと信じてるけど、
ぼくが行った当時のビエンチャンは、
カメラを向けても誰もが微笑んでくれる、そんな素敵な場所だった。
たったひとりの例外を除いては。

そのひとりとは、ベトナム人の少女だった。
彼女は、中山美穂に激似の美少女で、
フランスパンでできたサンドウィッチを売る屋台で働いていた。

ぼくは彼女に、君の写真を撮っていいだろうか?
と聞いた。
ほとんどの場合、答えは2つしかない。
イエスかノオ、だ。

でも、彼女の答えはどちらでもなかった。

彼女は、言った。
ここにあるパンを全部買えば、撮ってもいいわよ。

屋台には、5個ほどのフランスパンが具をはさんでならんでいた。
ホテルで朝ごはんを食べたばかりのぼくには
1個だって食べきれないし、
パンを5つ持って、写真を撮って歩くのも無理だった。

パン5つ分のお金を払って、写真を撮って、
パンは置いてくることもできたけど、
なにか彼女を美しさを金で買うみたいで、いやだった。

結局、ぼくは彼女の写真をあきらめた。






でも今は、、、、、、






ぼくは後悔している。
かっこつけず、撮っときゃよかった(^^ゞ
(2005年06月28日)





リアゲンゲン

バンコク某日。
リアは舐める。ゲンはじょうず。ゲンゲンはとおっても上手
9






ホテルの近くにすこぶる繁盛している屋台があった。
油で揚げた菓子をちょっと辛めのスパイスにつけて売るのんが、
彼女(?)の仕事だ。
クエスチョンマークがつくのは、彼女がトムだからだ。
トム、とかトムボーイとか呼ばれる彼女たちは、
IDカードの性別は女だが、心はおとこだという。
彼女には妻がいた。
たぶん、というか、当然、籍は入ってない、だろうけど。

彼女はとても働き者で、しかも、こころから妻を愛していた。
日中は油と格闘して、一生懸命菓子を売り、
帰っては、妻のために家事をして、
売り上げの中から、500バーツを与え、
夜のおつとめだって、ちゃんとしていた。

なんせ、元は、というか、ほんとは女だし、
家事はできるだろう。
が、夜のおつとめは?
どうやって???

意を決して、聞いてみた。
答えは、リアゲンゲンであった。
なるほど・・・

ある日、菓子を買いに行くと浮かない顔をしたトムがいた。
どうしたの?
って聞くと、妻に子供ができたらしい
とのことであった。

ぼくは、いつものように10バーツ払って菓子を受け取った。
(2005年06月29日)




2005年09月16日 22時09分 by にしむら
このネコも リアゲンゲン
ん~大きな声じゃいえないが! やっぱり僕も好きである。
お~とこ~な~ら~♪
アホなコメントはこのぐらいにして
さて 帰るとするか!

2005年09月16日 23時09分 by ぷんぷい
隊長もやっぱり好きですか(^^
あっしは最近リアゲンゲンに縁がないとです。
このネコと同じ状態です。
やっぱりフィリピンのお店に。。。^^;

2006年6月19日 (月)

いつもいつも

バンコク某日。
をごらんいただき、

ありがとうございます(^^♪

ま、どうせ独り言なんですけどね。。。
(2005年06月30日)


10



ラオスのそらべん

バンコク某日。
板子一枚下は地獄。
その代わり、板子一枚上は天国。。。

ラオスに行ったときは、バンコクから
ラオエィビエーションに乗った。
タイ航空も飛んでいたけれど、
このラオスの航空会社の方が、
往復で数千円安かったからだ。

いつも、チケットを買ってる店のオーナーが、
ラオスの飛行機なんか危ないよ、
と言い切ったが、
必ず落ちるというもんでもないだろうし。

たった1時間のフライトだったが、
ちゃんと機内食もでた。

みかんとパンとカステラ。
なかなかクールな取合せに
驚きながらも残さず全部食べてしまうのであった。


どーせ贅肉質ででんぷん質な肉体なんだよ、おいらは。


帰りは、みかんとぱんと揚げパンっていう、
もっとシュールな組合せであったが、
やっぱり全部食べるのんであった。
(2005年07月01日)


11






ほんまに すごい 組み合わせの機内食ですね
笑ってしまいました(笑)
カステラ 揚げパンは 油もんなので これがメインでしょうね。
あっさりした食事は たよりないですから。
飛行機に乗ってた その他の方も みんな食べたのだろうか?
あっ みかんは冷凍みかんが いいですね~

2005年08月31日 23時34分 by ぷんぷい
し、しまった\(◎o◎)/!
ぼくは、カステラと揚げパンはデザートとして食べちゃいました。
でも、みかんもデザートか。
みんな、ちゃんと食べてましたよ(^^ゞ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »